腸閉塞に対する対処方法を知る|輝く健康体をGET

医者と看護師

代表的な死因

マスクをした女性

日本人が発症する病気の中でも、特に高い死亡率を誇っているのが脳梗塞です。血管のつまりなどによって発症するこちらの病気は、規模によっては後遺症が残ってしまう場合や、命に関わることすらあるので注意が必要です。

詳しく読む

生活の質を上げる

医者

糖尿病は、血液の中でブドウ糖を調節しているホルモン、インスリンの働きが悪くなり、血糖値が高くなる病気です。血糖値の自己調整がうまくいかないとあらゆる合併症を引き起こす原因になります。

詳しく読む

手術を受けたあとの変化

看護師

直腸がんの手術は簡単なものではありません。膀胱や性器などの近くに存在しているため、手術の際には他の臓器を傷つけないよう細心の注意を払う必要があるのです。そのため、信頼できる医師に治療を依頼しましょう。

詳しく読む

様々なことがおきる病気

男性

気持ちの持ち方次第

脳梗塞の症状は沢山あるものです。この中で患者さんにとっても辛く感じやすいことは運動機能が上手く働かないことを相手に伝えられないもどかしさがあることです。周りの人は十分に把握しているのです。本人はそれに気が付きにくいものです。このような時は気持ちの持ち方一つで患者さんが病気に向き合う姿勢は大きく変化してくるものです。例えばリハビリをすればある程度1人で生活をこなせることが出来るようになれるのです。今その瞬間しか見えていない患者さんにこの事実を知ってもらうには先輩からの話しを聞くことです。脳梗塞になった人の多くは症状が似ています。脳梗塞の症状を改善させるまでの経験談を聞くことが本人の気持ちの持ち方が変わるものなのです。

過剰な自信に注意が必要

脳梗塞の症状には高次性機能障害という脳疾患の患者さんに多い後遺症が残りやすくなるものです。この症状の特徴的な行動が過剰な自信を持ちやすいことです。周りからみてまだ車の運転は難かしいと思えても患者さんには自信があるので納得出来るように説明が必要になるのです。脳梗塞に感情失禁と呼ばれる症状が起きます。これは気持ちをおさえきれない状態で、泣き出したりすることがあるのです。

その他の腸の病気

腸の病気には腸梗塞だけではなく、腸閉塞を患う人が最近多くなってきています。腸がねじれるなど、何らかの理由によって便や腸液が腸内に留まってしまう腸閉塞は命の危険も従います。早期に改善するようにしましょう。