腸閉塞に対する対処方法を知る|輝く健康体をGET

女医

代表的な死因

マスクをした女性

脳卒中の一種

日本の3大死因としてよく知られる病気が、「がん、心臓病、脳卒中」です。数年前に肺炎が第3位となり脳卒中は第4位になりましたが、その数はほぼ変わらず、脳卒中は日本人の代表的な死因の一つです。脳卒中というのは脳の血管のトラブルによって障害がもたらされる病気で、主に脳梗塞、脳出血、くも膜下出血があります。なかでも多いのが脳梗塞で、脳卒中の約60%を占めています。脳梗塞は、脳の血管が動脈硬化のために細くなったり、血栓という血のかたまりができて脳の血管をふさいだりして、酸素や栄養が届かなくなった結果、脳の細胞が壊死してしまう病気です。大きく分けると、ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、そして心原性脳塞栓症の3タイプがあります。

3つのタイプや原因

ラクナ梗塞は、脳内の深い部分を通る細い血管が詰まって起こる脳梗塞小梗塞です。日本人に最も多いのがこのタイプで、主な原因は、高血圧により起こります。アテローム血栓性脳梗塞は、頸動脈や頭蓋内の太い血管が動脈硬化によって狭くなって、そこに血栓ができて血管が詰まるタイプの脳梗塞です。心原性脳塞栓症は、主に心房細動によって心臓内にできた血栓が血流により脳まで運ばれて、脳の太い血管を詰まらせて起こる脳梗塞です。脳の中で太い血管が突然詰まってしまうため、血流が滞る範囲が広くなることが多く、脳梗塞の中でも最も重症化しやすいタイプです。特に心房細動のある人は再発リスクが高いといわれています。